ワーケーション時のPCモニターの持ち運びについてご紹介

ワーケーション用品
スポンサーリンク

はじめに

ワーケーションを行う際には、旅行でホテルに泊まる際とはホテルに持ち込むものがちょっと異なるかと思います。旅行では衣類さえあれば基本なんとかなるでしょう。

しかし、ワーケーションとなれば仕事道具が必要です。そして、きっと必要になる仕事道具の一つがPCモニターになるでしょう。

ノートPCだけでも仕事は出来るでしょうが、モニターを利用することで作業効率が上がるのではないでしょうか?

モニターを利用すことで具体的に作業効率がどのように上がるかという点ですが、ノートPCとモニターのデュアル画面により都度画面を切り替える必要がなくなる点です。

また、Excel等、一度に多くのデータや文字を見る必要がある場合、モニターがあるとスクロールの回数やマウス操作回数が減るので、ちりつもで時間短縮になります。

持ち運ぶモニターについて

筆者がワーケーション時に持ち運んでいるモニターはDell P2219H 21.5インチモニターです。

なぜこのモニターを利用しているかと言うと、所有しているスーツケースに入るモニターがこれだったためです。

特に画面と足を分解が出来るため、持ち運びやすいモニターです。

Dell P2219H 21.5インチモニター

スーツケースについて

さて、モニターを運ぶために利用しているスーツケースはRIMOWA RIMBOの60Lのスーツケースです。
寸法は高さ66cm、横43cm、奥行き26cmになります。このサイズだとモニターも楽々持ち運ぶことが可能です。

また、RIMOWAの利点は車輪直径が大きので、地面の小さな凹凸を苦なく超えることが出来るため、重たい荷物を持ち運ぶ時にとても便利です。

RIMOWA スーツケース

モニターの収納

まず、このままの状態ではスーツケースに入れることが出来ません。

モニター

画面を回転して立てにすることが出来るのですが、この状態でもスーツケースに入れることが出来ません、、、

モニター

そこで、モニターを画面と足に分解します。そう、このモニターは簡単に画面と足を取り外す事が出来るのです。

21.5インチのモニターだと画面と足を分解出来ないと60Lのスーツケースに入れるのはちょっと難しいかもしれません。

・モニター分解(足)

モニター

・モニター分解(画面)

モニター

画面と足を取り外した後は、まずは画面をスーツケースに入れます。この状態だと余裕で入れることが出来ます。

・スーツケースへ収納

スーツケース

更に、画面の上にカバーを被せます。

スーツケース

最後に取り外していた足をカバーの上に置いて、、、

スーツケース

最後にスーツケースを閉めることで収納完了です。

スーツケース

特に頑張って詰める必要もなく閉まりました。このスーツケースにはモニターの他、ノートPCやタコ足コンセント、衣類等全てを詰め込みます。

最後に

いかがでしたでしょうか。ワーケーションをする際にどのようにモニターを持ち運んでいるか、ザックリご紹介いたしました。筆者はこのスーツケースを車に積んで持ち運んでいますが、公共交通期間でも持ち運ぶことが出来そうです。

また、モニターを持ち込まず、お部屋に置いてあるテレビをモニターとして利用するなんて方法もあるかもしれませんが、テレビ画面は長時間見ていると疲れるので、筆者は都度モニターを持ち運んでいます。

実は過去に28インチモニターを持ち運んでいたのですが、スーツケースには入らず、スポーツ用の大きなバックに入れて持ち運んでいたのですが、非常に運び難かったので、21.5インチモニターを購入しました。