ワーケーション | 外資IT企業社員のワーケーションブログスタート

ワーケーション
スポンサーリンク

ワーケーションとは

ワーケーションとは「ワーク(仕事)」+「バケーション(休暇)」を混ぜた造語として日本でも広まり初めているようです。
田舎、リゾート地やラグジュアリーホテル等に滞在しながら仕事をするようなイメージです。
「それ、遊んでいるだけだろ!」と思うかもしれませんが、筆者(ゆとりーマン)は個人的に仕事への集中力とモチベーション維持の為に利用しています。
特に、繁忙期など夜遅くまで働く事が事前に分かっている場合は、ワーケーションを取り入れて乗り越えています。

また、家族と一緒にいる時間を増やす為にワーケーションを実施している方も周囲にちらほら、、、、
以前所属していた部署のヘッドは海外でのワーケーションを楽しんでいました。

ちなみに、ゆとりーマンが勤務する会社では結果でパフォーマンスが判断される事に加え、全てがPC1台で完結する為、ワーケーションを行い易いのかと思います。上司もゆとりーマンが見えない所で何をしているかは気にならないようです(笑)

ブログの目的

今日の日本においてワーケーションという言葉はちらほら出始めた段階ですが、今後多くの企業で働き方を変えることが出来るのであれば、その延長線上にワーケーションという選択肢が現れるのかと思います。

そんな時にワーケーションっていつどんな感じでするのか、どんなホテルだとワーケーションしやすいのか、どの様な会社だとワーケーションに向いているのか、そもそも仕事は捗るかなどの情報を皆さんに共有することで、少しでもワーケーションに対するハードルを下げるお手伝いができればと思い、情報の発信を行おうと思った次第です。
特にワーケーションには欠かせないお部屋環境の情報を中心に発信いたします。

また、ワーケーションに近しいステイケーションを行うにあたってのホテル選び等にお役立て頂ければと思います。

お部屋のチェックポイント

ホテル等でワーケーションするに先立ち、一番気になる点は快適に仕事ができるのかという点です。
通常の宿泊時には気にならない点もワーケーション時には気になってしまいます。

せっかく、部屋が広く快適そうなホテルを予約したにも関わらず、wifiの速度が遅かったり、高さの低いデスクしか無かったら仕事のパフォーマンスが低下して最悪ですよね。

そんな失敗を未然に防ぐ為に以下のチェックポイントを主としてホテルのお部屋をチェックして行きます。

主なチェックポイント

・デスクの高さ/幅/奥行き
仕事をする上でデスク環境は重要。特にノートPCに加えモニターも必要なゆとりーマンはデスクの広さを重要視しています。

・椅子の高さ/背もたれの高さ/座り心地
長時間座り続けられる椅子かどうかは滞在場所を選ぶ上で重要。ゆとりーマンは10時間座り続けることもあるので背もたれが高く、座面が程よく硬い椅子があるかどうか重視しています。

・机周りのコンセント数
少なくともノートPC、モニター、スマホの3点を机の上に置きなら使える範囲にコンセントがあるかどうかをチェック。ゆりーマンは常にタコ足コンセントを持参している。

・Wifi速度
電源に匹敵する程重要なWifi速度。特にゆとりーマンはVPNを繋いでPCを利用しているため、速度が遅くなりがち。Wifiの速度が遅いと仕事のパフォーマンに致命的な影響をもたらす。

・周辺飲食店情報
ホテルは優雅でも食費は出来るだけ抑えたい。ホテルのレストランで朝食、昼食、夕食を取っていたら出費が、、、、
近くにコンビニや手頃な飲食店の存在が心の支え。

レビュー対象ホテル

レビュー対象のホテルは国内のラグジュアリーホテル、シティーホテル、ビジネスホテルを中心に行う予定です。
ラグジュアリーホテルの目星はついているものの、シティーホテル、ビジネスホテルは数多くあるので、良さそうなホテルを見つけたら訪れてみることにします。

宿泊予定のホテル
・ラグジュアリーホテル
コンラッド東京、ヒルトン東京、ヒルトンお台場、マリオット東京、ウェスティン東京、メズム東京 オートグラフコレクション、フォーシーズン東京大手町、フォーシーズン丸の内東京、アンダーズ東京、シャングリラホテル東京、マンダリンオリエンタル東京、ザ・ペニンシュラ東京、パレスホテル東京、東京ステーションホテル、グランドハイアット東京、パークハイアット東京、アスコット丸の内東京、ザ・キャピトルホテル東急、ザ・オークラ東京、ホテルニューオータニ東京、東京エディション虎ノ門、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクションホテル、ザ・リッツカールトン東京

・シティーホテル
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション、ACホテル東京銀座、アロフト東京銀座、ダイワロイネット系、JALシティ、東急グループ等

・ビジネスホテル
アパホテル等


ラグジュアリーホテルはワーケーション以外にもステイケーションを目的とした目線での記事も投稿予定です。